« 2006年10月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年3月

2008年3月29日 (土)

緊急署名&里親探しのお願い

期限3月30日までの署名のお願い&里親募集です

北海道三笠市では、

3年前に市営住宅でのペット飼育の全面的な禁止を決定し、

ペットを飼育している住民は、平成20年3月31日を期限に退居するか

新しい飼い主に譲渡するかが迫られているそうです。

↓大まかな経緯です↓

「もともとは炭坑住宅であり、炭住時代はペット飼育禁止ではなかったが、

今から約10年前に炭住から市営になり、

飼育禁止という規約を設けることとなった。

当時、元々ペットを飼育していた住民に対して、

市は黙認という姿勢を取っていたが、

ペットを飼育する世帯数が201戸まで増加したことで、

ペットを飼育していない住民からの苦情も増加するようになった。

三笠市が3年前にペット飼養に関するアンケートを

市営住宅全戸を対象に実施したところ、

回答した1042戸のうち、飼育反対が683戸、賛成が262戸。

この結果を受け、市は飼育住民に対し退居か、

新しい飼い主へ譲渡するかの選択を迫るに至った。

しかし実施されたアンケートは現在飼養している動物を調査する項目と、

市営住宅でのペット飼養について賛成か反対かというだけのものであり、

アンケート結果を元にペット飼育の禁止を決めることは知らされていなかった。

現在平成20年3月までにペットを手放した飼い主は65世帯、

ペットと共に転居した飼い主は35世帯。

譲渡先・転居先が決まっているとされる飼い主は80世帯あり、

決断できないまま期限を迎えようとしている世帯は20世帯であると推測される。

市では、昨年10月より市のHPにおいて、

市営住宅で飼養されているペットの里親探しを手伝っており、

写真付きで閲覧することが可能となっている。

また、民間のペット飼養可能物件を紹介するなども行ってきたが、

民間の住居そのものの少なさに加え賃料の問題もあり、

年金を頼りに暮らしている高齢者にとって転居は実現できないのが現状である。

残された20世帯の多くは、

高齢者による高齢動物の飼養を行っていることことを考えると、

僅か半年での里親探しも困難であることは明らかである。

飼い主の中にはペットを市へ持ち込み、

保健所での4日間という極めて短い里親探し期間内に

新たな飼い主を見つけることができず、

二酸化炭素ガスによる殺処分となった11匹の猫がおり、

期限まで1週間と迫った今、新たに保健所へ持ち込まれる動物が

現れないことを願う。

三笠市では、既に通告を受けて対応した飼い主もいることから、

3月の期限は変更できないとし、

このまま期限を迎えた飼い主には市営住宅の明け渡しを

求める手続きを行うとしている」

上にあるように、すでに保健所で殺処分されたコたちもいます。

高齢者の方は引越しできない理由もあり、

ペットを手放さざるを得ない状況です。

でも、ずっと一緒に暮らしてきた家族と引き離される辛さは、

耐え難いものです。

せめて、今いるコたちは、最期まで今の家族のもとで暮らさせてあげたい。。。

「既に通知を受けて対応した飼い主もいる」とのことですので、

この決定を覆すことは出来ませんが、嘆願書にもあるように、

「『10歳を超える動物は、市の飼養条件に沿った方法によ り

終生飼養を認可する』とした特例の検討を要請」し、

今いる(10歳以上の)コたちだけでも救うことはできるかもしれません。

目標は5000人分の署名です。

現在600人程度です。

どうか、オンライン署名にご協力ください!

(手書用署名もあるそうです)

北海道三笠市市営住宅ペット飼養禁止に関する嘆願書

同時に、市では里親募集も行っています。

猫達のコーナー

犬達のコーナー

ご協力、どうかよろしくおねがいしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

ぶぅの猫タッチ

ぶぅが元気だったとき、いつも夜決まった時間になると、

「おねーちゃん、早く一緒に寝よ?」とベッドへ誘いました。

姉とぶぅは毎日一緒に寝ていたのですが、

ぶぅは姉のまくらをベッドにしているため、

姉はぶぅのベッドを少しお借りして寝ます。

ぶぅは夏でも、姉の体のどこかに自分の体をくっつけて寝ました。

だいたい寝る前は、まくらの上で顔と顔を向かい合わせて話をします。

「ぶぅ、今日もかわいいねえ^^」とか。(変態オヤジと化します)

とか、何かがあった日はそのことについて話したり。

でも、仕事が超忙しかった私は、

ほとんどゆっくり話す間もなく眠ってしまうことが多かったのです。

時々マミーが様子を見てくれるとは言え、ぶぅは昼間、

この屋根裏部屋でほとんど独りきりで過ごすというのに。

話してる間中、ぶぅはゴロゴロゴロゴロ、ゴキゲンです。

でも、私の目が閉じられると・・・

そっと、私のほっぺたに「ぺとっ」と優しく、

猫パンチならぬ猫タッチをしてくるのです。

「寝ちゃダメ」

私が目を閉じるたび、ぶぅはコレを繰り返しました。

このしぐさがかわいくて、姉は何度も寝たフリをしました。

                  040215_092201001

朝目覚めるときは、ほとんどぶぅの「猫タッチ」です。

まくら元の木箱の上に座ってゴロゴロ言いながら姉を見下ろし、

姉が起きるまで「猫タッチ」を続けます。

ゴハンが欲しかったり、かまってほしかったり、

ぶぅの理由はさまざまなのですが、

朝に弱い姉は、寝たフリなんて余裕はなく、

ギリギリまで寝ていたい><

「ぶぅ頼む。もうちょっと寝かせてくれ~」

でもぶぅはあきらめません。

だんだんぶぅの柔らかな肉球から、爪が出てきます。

「ぺとっ」と姉のカオに手を置いたあと、爪を「きゅっ」。

時々その爪は、ちょうど姉の目を襲ったり^^;

(閉じていても爪が入ってくるのです~)

「イテッ!!」と目を押さえ、ぶぅを見上げると

ぶぅは申し訳なさそうな、ちょっとうつむき加減な、

そんな感じで私を見ていました。

(でも爪立てられると、痛くて涙が出てくるんです~∩><∩怒るに怒れませんけどね。。。)

病気を発症してから、

こんな風に一緒に寝ることはなくなってしまいましたが、

でもぶぅはどんなときでも、朝はたいてい元気でした。

夜中から明け方にかけて。

姉も、ぶぅの元気な姿が見られるその時間が、大好きでした。

03180001_2

ラタンのボックスに乗って爪とぎをするぶぅのために置いた木箱(真ん中)に座って、いつも姉を起こしていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

ぶぅのたからばこ

「猫の家」でみつけた「猫のたからばこ」

昨日届きました!

なまえからしてステキなたからばこ、こんなのです*^^*

取っ手も猫型でカワイイです。

         080308_123201

ちょっと色が伝わりにくいと思いますが、

深い茶(つまり焦げ茶ですけど)で、ぶぅによーく似合います^^

そして素材はフエルト。

しかも、生地のフエルトから作ったのではなくて羊毛から作ったものなので、

(編んでない毛糸みたいなものです)

ざっくりとした素材感がステキです~。圧縮フエルト大好きです~。

05130001

↑超カワイイ(と思い込んでる)ペンカバー。同じくフエルトです^^

この「猫のたからばこ」、フタをパコっとあけるとこんな感じ。

080308_123701

器部分の薄茶の部分と焦げ茶の部分は段差なく繋がっています。

羊毛から作ったフエルトならではの良さですね。

もちろん、コチラに入っていただくのは・・・

03080008

ぶぅのおヒゲ(真ん中)・切った爪(そんなものまで・・・)・首輪・毛玉・ふわふわタイプの毛、少々

達であります。

右のブラシはぶぅの毛が少し残ってますが、たからばこには

残念ながら入ることは出来ません。

ずっと、ぶぅのたからものを入れる箱が欲しかったのですが、

なかなか出会えずにいました。

「猫のたからばこ」の製作には3日以上の時間が費やされたそうで、

もちろんひとつひとつ丁寧に「手」で作られているので、

世界にふたつとありません。

(手作りの陶器とおんなじようなモノですね)

コレこそ、ぶぅのたからものを入れるのにふさわしい器です。。。

下のは何気に写真デカすぎですが、ぶぅのおヒゲです。

お歳を取ってくると、おヒゲも白くなったりします。

ぶぅは右側だけが白くなりました。

03080009

このおヒゲを、たからばこにプスッと刺すこともできるそうですが、

今のうちはこの和紙に包んでおいて、

ぶぅに浸りたいとき、刺して触りたいと思います^^

さあ、入っていただきましょう。

03080010

ジャ~ン。

ピッタリですね~ステキです。

ぶぅのこげ茶の仏壇にもよく似合っています。

ねぇ、ぶっちゃん*^^*

単なる姉の自己満足なのですが、でもこうやってぶぅについての

何かをすることで、いつもぶぅの感触や存在を、

心がリアルに感じていられます。

                  

               Nekonoie_2 手作り猫雑貨のお店「猫の家」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

ぶぅ、21回目の誕生月

2_4

3月中旬、つばき公園でぶぅと出会ってから21年。

今月でぶぅは21歳になります。

これからも、ぶぅはねーちゃんと一緒に、

歳を取っていくのであります。

Happy Birthday、ぶっちゃん。  

                             Col32_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2008年8月 »